金ヶ崎芸術大学校とは

かつての仙台藩の要害跡が残る岩手県胆沢郡金ケ崎町。北上川と胆沢川の流れが削りだした台地の上に静かにたたずむ近世の武家屋敷の町並みは国の重要伝統的建造物群に保存されています。小路に連なる生け垣やエグネ(屋敷林)ごしに見える大屋根など、人々の暮らしとともに受け継がれてきたこの場所に、江戸時代末期に建てられたとされる「旧菅原家侍住宅」があります。樹齢200年とも言われるサルスベリが特徴的な家です。2018年より、この物件を「金ケ崎芸術大学校」として活用する新しいプロジェクトが始まりました。

ここでは金ケ崎町に暮らす人々との協働のもと、この場所ならではの創造的な日常をつくりあげていくことを目指しています。農業や造園、料理など日々の生活を見つめ直し、そこに創造的な営みを見出していくことを試みてきました。一連の実践の道しるべとなるのは、岩手県出身の詩人である宮沢賢治が花巻に設立した「羅須地人協会」です。農村の生活改善と「農民藝術」の拠点として構想されたこの場所の理念を現代の金ケ崎に置き換えた時、そこにはどのような空間が生み出されるのでしょうか。幸いにも金ケ崎の武家屋敷は「半農半士」の構造を持っていたため、敷地内にはちょうどよい畑が残っています。そのような「裏の畑」も存分に活用しながらそれぞれの季節に応じた「時間」を積み重ねていくことで、この場所の使い方を実験する毎日です。

金ケ崎芸術大学校共同代表 千葉周秋

 

 

城内農民芸術祭とは

宮沢賢治が「農民藝術概論」を説き、「羅須地人協会」を立ち上げてから1世紀が経とうとしている今もなお、「芸術」は何か特別なものとして人々の日常生活から切り離されているように思われます。このようなもやもやとした感覚を胸に、「金ケ崎芸術大学校」ではそれぞれの時間を過ごしながら生活そのものを芸術として見つめ直すことを目指して活動を行ってきました。季節ごとに表情を変える庭を愛でたり、裏の畑で藍や野菜を育てたり、割れた器を漆でつなぎ合わせたり、生け垣を刈ったり、昔ばなしを聞いたり……個性の優れる方面においてそれぞれの知識や技能を持ち寄りながら、創造的な学びの場をつくりあげていくことを試みています。

この度開催される「城内農民芸術祭」は、このような日常から立ちあがるハレの場です。「誰人もみな藝術家たる感受をなせ」と謳った宮沢賢治の言葉に学びつつ、それぞれの現場でやむなき表現を実践してきた先人たちをお招きし、新しい芸術祭をつくりあげる第一歩を踏み出します。会期中には、「農民藝術」を自由気ままに読み解く学習会や権現舞の奉納に始まり、美術、建築、演劇、工芸などの各分野から金ケ崎の可能性を引き出していきます。それぞれの興味関心の赴くままに祭りにご参加いただき、ともに思考し、実行していく時間を共有できれば幸いです。

金ケ崎芸術大学校共同代表 市川寛也

 

 


主催 金ケ崎芸術大学校
共催 金ケ崎まちづくり研究会、東北芸術工科大学芸術学部美術科総合美術コース
助成 公益財団法人トヨタ財団、公益財団法人福武財団、公益財団法人日本財団
協力 えさし郷土文化館、人首文庫、まよひが企画、東北妖怪文化研究センター、怪異妖怪会議
後援 金ケ崎町、金ケ崎町教育委員会